2008年08月20日

別れ

とうとう俺の退院の日が近付いてきた。
タマちゃんは相変わらず、口座番号と電話番号を俺に聞いてくる。
迷いに迷ったが退院前日、タマちゃんにメモを渡した。
メモにはケータイの電話番号とジャパンネット銀行の口座番号を書いた。
しかしタマちゃんはネット銀行の存在が理解出来ないようで、
「この銀行はどこにあるんだい?」「ここに振り込めばキチンと送金されるんだよね?」
としきりに聞いてくるので、丁寧に説明してあげた。
俺からタマちゃんの電話番号はあえて聞かなかった。

退院当日の朝、身支度をしているとタマちゃんが病室の前をしきりに通りかかり、こちらを覗いている。
それもただ覗くのではなく、トイレに行ったり顔を洗いに行ったりゴミを捨てに行ったりする時に、偶然覗く様な小芝居でなんだかオカシイ。
大丈夫だよ黙って帰ったりはしないから。
退院の時、タマちゃんと白石さんが見送りに出てきてくれたので3人で記念写真を撮った。
最後にタマちゃんが、毎日奥さんを見送るときの様にゆっくりといつまでもこちらへ向かって手を振っている姿が印象的だった。

2週間の入院生活は長い様で短く、あっと言う間だった。
まさかこんな不思議な体験をするとは夢にも思わなかった。
あれから約4年、今ではタマちゃんのことを思い出すことはほとんどない。
タマちゃんが今どうしているのかも分からない。

実はあれからタマちゃんからの連絡はなく、口座への入金もない。
退院して数ヶ月は携帯が鳴るとタマちゃんか?と思っていたが、今はそんなことを思うこともなくなった。
一体どうしたんだろう、渡したメモを失くしたのかな?、あのまま退院出来なかったのかな?、ひょっとして既に…。

今後タマちゃんから連絡が来ることは、たぶんもうないだろう。
そしてこの記憶もどんどん風化されていくだろう。

でも、もしかして、ある日突然大金が振り込まれたりしないかな?と密かに期待している俺がいる…。
んなわけないか。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | タマちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。