2008年11月10日

焚火台 その2

色々考えて買ったマジックフレームだが、何回か使って感じたこと。

組立・分解は一瞬で出来て、期待していた通り文句なし。
火付きは良く、燃えカスが溜まって火力が落ちても下の穴を突けば直ぐに回復する。
majic1.JPG

この前のキャンプで若干変形したが、ステンレスの性質上仕方ないと思っている。
組立サイズが自分にとってジャストな大きさで、収納サイズも文句なしでコンパクト。
ここまで見るとパーフェクトに感じるが、全てにおいて満足している訳ではない。

(不満な点 その1)
焚火台としてだけでなく炭を起こして網焼きとしても使うのだが深さが結構あるため、コンパクトなくせに大量の炭を必要とするのが気に入らない。
チムニー効果を利用するために、この形は仕方のないことなのかもしれない。

(不満な点 その2)
純粋に薪を燃やすという目的だけであれば文句はない。
しかし焚火の輻射熱を得ようとした場合、マジックフレームの形はその効果を最大限生かせる形とは言い難い。
輻射熱を最大限得るためには、なるべく炎が見えているオープンな形の焚火台が好ましいと思う。

例えばスノーピークの焚火台や、
snopi1.JPG

ユニフレームのファイアグリルや、
gril.jpg

ユニフレームのファイアスタンドUみたいな形。
fire2.jpg

ユニフレームのファイヤスタンドUは、ある意味究極の形の様な気がする。

オープンな形だと自分にとって不都合もある。
焚火台としてだけではなく、アルコールバーナーのゴトクとしても使いたいという理由がある。
焚火台の中にアルコールバーナーを設置してゴトクとして使用すると、風防代わりになるという更なるメリットもある。
そのためにはマジックフレームの様なクローズドな形が向いている。
しかし焚火台として使用中はアルコールバーナーを使えないため専用のゴトクと風防を別に持っていくことになり、焚火台をゴトクとして使用する機会は少ないが、1つの道具で色々な用途に使えるに越したことはない。

焚火目的であればオープンな形、ゴトク目的であればクローズドな形、これを1つの焚火台で賄おうと言うには都合が良すぎるのかもしれない。

(不満な点 その3)
これは人によって価値観が違うので難しいことだが、全体的に価格が高い。
この辺はデザインやアイディア料が占める割合が大きいのかもしれない。
個人的には見た目がどうであれ自分が要求する条件が満たされていれば形は全く気にしないし、何か別のものの流用でも構わない。
いや、これだけ探しても理想の焚火台が見つからないとなると、むしろ流用に活路が見いだせそうな気もする。

以上の諸々を踏まえた上で気になる焚火台が、コンパクトファイヤーボール
14792-01.jpg

外周のびらびらが花びらの様に閉じたり開いたり可変する、かなり個性的でユニークなデザイン。
これだと開けば焚火台、閉じればゴトクとして利用出来そう。
秀岳荘での売値は1000円を切っており、価格はかなり安い。
ただ1つだけ気になる点があり、購入に踏み切れない。

それは一切穴があいていないという点。
チムニー効果はともかく、これでは燃焼に不可欠な空気(酸素)が充分に取り入られない気がする。
買ってから自分で穴あけ加工すればイイのかもしれないが、かなりたくさんの穴をあける必要があり面倒だし上手く出来る自信もない。
これで空気穴があいていれば文句なしなんだけどな…、と思っていたらこんなブログを発見!

同じ製造元から販売されている蒸し器があるらしく、価格は更に安いということ。
これはまさに俺が求めていたもの。
早速近所のホームセンターで買ってきた。

商品名〜万能蒸し器(大)398円。(安っ!)
R0012855.JPG

他に1回り大きい万能蒸し器(ジャンボ)498円(こっちも安っ!)も売っていたが、小さい方で充分用は足りると思った。
ちなみにコンパクトファイやボールと同じ大きさはジャンボの方なので、それよりも小さいことになる。

動きが面白い。
musiki4.jpg
可変動作はかなりスムーズで思っていたよりも造りはしっかりしている。

アルコールバーナーを入れてみるとイイ感じ。
musiki2.jpg
コッヘルを載せても充分安定感がある。
可変式のため鍋底に合わせてゴトクの大きさを調節出来るのが良い。
後はこの多数の穴が風防効果にどれ位影響があるのか実践で確認したい。

収納に関しては底部に足が付いているのと、びらびらを畳んでもフラットにならないので決してコンパクトとは言えない。
試しに今使っているトレイルツインポットに被せてみると、
musiki1.jpg
おっ、結構ピッタリしている。

更に専用ケースに入れてみると、
musiki3.jpg
ちょっとキツイが綺麗に収まった。

まだ使っていないので焚火台としての能力は全くの未知だが、これが上手くいけばかなり理想的な焚火台といえる。
フジツボSP参考ブログから引用)に無限の可能性を感じる。


満足度→★★★☆☆


posted by 管理人 at 00:00| Comment(1) | 自作(流用、プチ改造) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
実は、ブログ拝見するのは2回目です。

この焚き火台(特にマジックフレーム)に関する記事は、とても参考になります。

ありがとうございました。
Posted by pickupcamper at 2008年12月30日 12:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。