2007年09月01日

タウシュベツ橋梁

ちょうど1年前の道東ツーリングの時、タウシュベツ橋梁は水に沈んでいた。
去年の9月2日のことである。
しかし今年は雨が少ないため、今時期でも湖面から姿を現しているらしいとの情報を得た。
これは、是非行かねばならない。

という訳でタウシュベツ橋梁を見に行くため、1泊2日のツーリングに行くことにした。
キャンプ場は何年か前に行ったことがある、上士幌航空公園キャンプ場に決定。
kamisihoro.png
当時は無料(現在500円)で、設備やロケーションが素晴らしいキャンプ場だったと記憶している。

今回のメンバーはいつも一緒に行っている同僚K(スーパーシェルパ)に加え、職場の後輩A(SR400)も行くことになった。
後輩Aからは以前からキャンプツーリングに誘って下さいと言われていて、今回同行することになった。
ちなみに後輩Aはキャンプツーリングに行ったことはなく、暖かい時期にしかバイクに乗らないというタイプである。
テントと寝袋と銀マットだけは持っているとのことで、キャンプツーリングの最低限の装備は満たしていた。(ホントに最低限だが…)

朝7時に千歳を出発。
車からのプレッシャーばかりで走っていても余り面白くないR274と樹海ロードを避け、穂別&振内経由で日高を目指した。
厚真から穂別へ抜ける道々の途中にあるパーキングで小休憩中、SRの左ウィンカーが点いていないと、後を走っていた同僚Kが指摘した。
見てみると左後ろのウィンカーがを向いていた。
取り付けが甘く、くるりと回った様だ。

ウィンカーの向きを直す後輩A
R0010221R.jpg

でも、向きだけの問題ではなかった。
点灯もしておらず、どうやら球切れっぽい。
他にもテールランプはブレーキを踏んでも照度が変わらないというか、常にブレーキを踏んだ様な明るさだし、そのためかテールレンズが少し溶けかかっている。
更にはヘッドライトの光軸がずれているためかやたら眩しい。
まだスタートしたばかりだが、この先を考えると不安要素いっぱいである。
このオンボロ味のあるSRは今年車検を取ったそうだが、車検制度って一体なに?と思ってしまう。

順調に日高に到着し、その後は占冠経由で狩勝峠を越えた。
焦らずのんびり行こうということで今回は距離優先ではなく、走って気持ちイイ道を選択した。

10時半、狩勝峠に到着。
R0010224.JPG
出発前は天気が心配だったが、今のところは気持ちイイ天気。

新得で本日1回目の給油、燃費は48km/Lだった。
街乗りで50km/Lは超えていたのでもっと伸びるかと思ったが、遠出の方が燃費が悪いという不思議な結果だった。
たぶん峠や山道が多かったため、高めのエンジン回転数が続いたためだと思う。

昼過ぎに上士幌に到着し、街外れにあるとかち野で昼食を摂った。
R0010226.JPG

その後キャンプ場でテントを建てた後、お楽しみのタウシュベツ橋梁へ向かった。

微妙に離れて並ぶ3つのテント
R0010245.JPG

このキャンプ場が素晴らしいのは、キャンプ場内各所にバーベキューコンロが設置してあるところ。
更にコンロ横には木のテーブルと椅子が設置してあり、使い勝手は良い。
そういえば今回は参天ではなく、普通のテントにしてみた。
参天を辞めたわけではなく、テントもたまには使わないとカビちゃいそうだしテントにはテントの良さもあるしね。

そして、以前来たときも気になっていたのが、キャンプ場のトイレ。
R0010246.JPG

見た目がシェルター風で個性的だが、中身がもっと個性的である。
和式の便器なのだが、水が常に流れっ放しになっている。
どうして流れっ放しなのか、どこからやって来たどんな水がどこへ流れているのか、とにかく不思議なトイレである。
でも、そのお陰かトイレの中は無臭である。

国道273号を北上し、糠平湖畔へ差し掛かると雨が降ってきた。
にわか雨っぽいが雨粒は結構大きい。
すると前を走る後輩Aは、左手を顔の前にかざしながら走っている。
半ヘルなので、顔に当たる雨が半端なく痛いみたい。
そりゃあ痛いだろう。
バイクを直したりキャンプ道具をそろえる前に、シールド付きのヘルメットを購入することを是非お勧めする。

糠平湖を過ぎて間もなく、糠平三股林道へと入る。
後輩Aは林道を走ったことがないらしいが、ここの林道なら大丈夫でしょ。
だって大型バスや、ポルシェも来てたくらいだし。

バイクを停めて、150m程の緑のトンネルを抜けると、
R0010228.JPG
おっ、正面に見えて来た。

ちなみにこれが去年の9月2日の同じ場所
R0010228R.JPG

おぉー、なかなかの迫力。
R0010231.JPG

8割方は湖上に出ている。

R0010239.JPG

橋の上は危険なため、立ち入り禁止になっている。(でもこの時、入って写真撮っているライダーが居た)
R0010237.JPG

呆然と立ち尽くす後輩A
R0010243.JPG

写真では見たことはあるが、こうやって実際目にすると全然迫力が違う。
小雨混じりの天気だが、雰囲気があってそれもまた良し。
満たされた気持ちでタウシュベツ橋梁を後にした。

その後上士幌の温泉に入っている間に雨が降り、バイクのハンドルに掛けてあったヘルメットの内装とグローブが、びしょ濡れになるというショッキングな出来事はあったが、キャンプ場でのバーベキューは楽しめたし人も少なく静かだったし、中々良いキャンプだった。

次の日の帰りは、出発直後から結構な雨でテンション上がらず。
帰りも狩勝峠を越えたが、行きとはうって変わって濃い霧と雨と寒さで厳しいものがあった。
R0010248.JPG
しかし、峠を越えると天気は徐々に回復し、占冠に着く頃は日も射す天気だった。

今回のキャンプは、それ程気温も下がらず、比較的暖かかった。
年内のキャンプは10月辺りにもう1回位だと思うが、出来るだけ寒い場所を狙ってキャンプに行きたい。

ドリームでの初ツーリングだったが、アドレスに比べて乗り心地は良かった。
これならちょっとした林道も走れるし燃費もイイし、自分にとって理想のツーリングバイクにかなり近いと思う。(今回の最高燃費57L/km)
しかし燃費は抜群だが、タンク容量が4Lとかなり少ないのがネックなので何か対策を考えたい。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(2) | ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。