2007年07月01日

ママチ川源流再び

色々あってかれこれ1ヶ月は通勤以外でバイクに乗っていないが、久々に時間が出来たので近くの林道散策へ出掛けることにした。
ずっと気になっていた5月に断念したママチ川の源流(の一つ)探しへ行くことにした。
タイムリミットは正午まで。

道々16号から藤の沢林道へ入る。
DSC02229.JPG
今日は天気が良いし、風が涼しくて凄く気持ちイイ。

前回は藤の沢林道を南下し、鳥柵舞林道と北五条林道の中間地点辺りから沢へと降りる支線を進んでダメだったので、今回はもっと上流地点を目指し進むことにした。
北五条林道を西に進み適当な所で支線に入ってみると、倒木広場へ出た。
DSC02233.JPG

mamati3.png

広場の突き当たりにバイクを停め、ここから歩くことにする。
DSC02235.JPG
ちょっとしたジャンゴー状態

200m程進むと、川があると思われる沢地形にぶち当たった。
その斜面を下る途中に沢に沿って廃道があったので、それを利用し進むことにする。
DSC02237.JPG

ちなみに前回断念した地点から、1.3km上流地点になる。
mamati4.png

道は徐々に下っていき、程なく川が見えてきた。
DSC02240.JPG

だんだん道が険しくなってきた。
DSC02242.JPG
もう道の様相はなく、かすかな獣道(鹿道?)があるだけ。

それでもなんとか突き進み、川辺へ到着。
DSC02245.JPG
ここからは、ひたすら上流に向かって川の中を歩くのみ。
こんなこともあろうかと長靴を履いてきた。

DSC02254.JPG
倒木が次々と現れ、それを越えて行かなければならないが、あの時の苦労を思えばなんてことはない。

それよりも怖いのが熊である。
朝晩は熊の行動時間でもあるし、川の近くは水の音でお互い気づき難く遭遇する確率は高くなる。
DSC02247.JPG
頼りは左手首に付けた鈴だけである。
それと熊が近くに居ると、強烈な獣臭がするらしいので、臭いには気を付けるようにしている。
でも臭いがする位近くに居たら、気付いても遅いかも知れないけど…。

川を歩き始めて40分、1km位進んだ辺りで流れが随分小さくなってきた。
なんとなくゴールは近い気がする。
そんな時、川の中に怪しい塊があり足で転がしてみると、
DSC02261.JPG

朽ち果てたやかんだった…。
なぜ、こんな所にやかんが?と思いながら進むと更に、ビール瓶、ビール缶、栄養ドリンク瓶等、川の中に散乱していた。
なんか源流に近付くにつれてゴミが増えていく感じ。

終わりは意外にあっけなかった。
DSC02266.JPG

この小さい滝を越えると、

DSC02272.JPG
ドロドロの水溜りみたいになっていた。

水溜りの上流を見てみると、
DSC02270.JPG
もう流れはない…。

どうやらこの小汚い水溜りがママチ川の始まり(の一つ)ということになる。
歩くと長靴が脱げそうになる様な、ドロドロの田んぼ状態。
そこいらじゅうに鹿の足跡がある様子からすると、鹿のヌタ場に違いない。
ちなみにヌタ場とは動物が転がり回って体の汚れやダニ等を落とすための場所で、動物の風呂場みたいなもの。
川を遡る途中にも小さなヌタ場がいくつも点在していたが、ここのヌタ場はかなり広い。
宇宙一とまではいかないが、まさに大浴場である。(ローカルネタ)

綺麗な水がこんこんと湧き出ているのを勝手に想像していたが、ヌタ場だとは予想していなかった。
なんとなく辺りはドブ臭い匂いが漂っているので、早々と立ち去ることにした。

かなりしっかりした鹿道を進んで行くと、2分(近っ)で林道へ出た。
DSC02276.JPG

後で見てみると、この林道は地図に載っていた。
mamati5.png
更に源流地点は地図上では沢地形のちょうど端だったので、事前に地図で目星を付けておけばかなり楽に見つけられたはず。
バイクがある場所まで林道をトボトボと30分程歩きながら、ちゃんと下調べしておけば良かったなぁと考えてしまった。

バイクに戻ったのが10時、まだ少し時間がある。
七条大滝がすぐ近くなので、寄ってみることにした。
去年の社台滝林道ツーリング以来なので、ちょうど1年ぶり。
DSC02288.JPG
マイナスイオンを浴びまくり、最高に気持ち良かった。

最後にちょっと寄って行きたい場所があるので、そこへ向かった。
第一縦断林道から緑のトンネルに入る。
DSC02299.JPG
緑のトンネルという名前が付いているが、ここってそんなに言うほど緑のトンネルって感じでもないよなぁ。
走っていても特に爽快感もないし、直線が長いのは凄いが直線の長さ(約7.7km)でいくと北五条林道も同じ直線距離だしね。
なんか名前負けしている様に思える。

目的の場所へ到着。
目的とはこれを採りに来たのだ。
DSC02300.JPG
アイヌネギである。
7月に入ったこんな時期なので、当然大きく育って食べ頃はとっくに過ぎている。
実はこれを家の軒先に植えようと思っている。
5月に行った快速旅團で衝撃的なデカさのアイヌネギ、それも栽培物を見かけてから自分も栽培したいと思っていた。
快速旅團のアイヌネギは特に手入れ等もせず、放置プレイであそこまで育ったらしい。

帰りに鳥柵舞第一林道経由で道々16号を目指す途中、鳥柵舞林道と厚平内林道の交差点付近のカーブでいきなりが出て来て焦った。
乗馬をしている4、5人とすれ違った。
えっ!馬っていいの?と思ってしまうが、道路では馬も軽車両扱いなので問題ないのだろう。
それにきちんとキープレフトで走っていたし、でかいランクル等で道のど真ん中走ってくる馬鹿オヤジよりよっぽどイイ。
馬って視点が高いし、こんな自然の中をツーリング?したら気持ちイイだろうなぁと思った。
よく考えたらバイクも鉄の馬だしね。

帰宅後、早速家の軒先にアイヌネギを植えて、一応水をやってみた。
今後の成長が非常に楽しみ。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | バイクで散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。